新住所 
北海道石狩市花川北6条3丁目8番地
℡ 0133-72-8148
 
うらた歯科 石狩 ホームページ

Copyright(C) うらた歯科 

URATA DENTAL CLINIC All Rights Reserved

親知らずの抜歯と移植:

不要な親知らずは抜歯。移植という活用法も提案します。

親知らずによって奥歯が不衛生になってしまう場合、
抜歯することを提案します。もし抜歯しない場合には、
ブラッシングを徹底する必要性があることを説明します。

第三大臼歯、真ん中の前歯から数えて8番目の最後方歯は、日本では「親知らず」あるいは「智歯」という通称で呼ばれています。

 

日本人の下顎は骨格的に小さいため、最後に萌出する親知らずは歯並びの列に並びきらず、斜めに倒れたまま、まっすぐ生えないことが多くあります。斜めに倒れて埋まっている親知らず(8番)が存在すると、手前の7番との間は、細菌にとってはとても都合の良いたまり場となります。また上顎に関しては下顎よりは正常な向きに顔を出すものの、歯ブラシが確実に入るスペースがない場合が多く、こちらに関しても衛生面の悪化を招きます。

 

虫歯菌が繁殖すれば歯が虫歯で溶かされますし、歯周病菌が繁殖すればその部分の歯周病が急速に悪化します。この場合に厄介なのが、しっかり反対の歯と噛み合い、食べ物を咀嚼する役目を担っている手前の7番のほうが、親知らず(8番)よりも菌の餌食になってしまうことが多いという点です。

さらには最後方の親知らずが前方の歯を押してしまうことによって、前歯部の歯並びが悪くなってしまうことがあり、こちらについても注意が必要です。

口腔内を衛生的に管理し、美しく機能的な咬合を維持する上で、親知らずは極めて邪魔な存在といえます。

しかし、すべての人が親知らずを抜かなければならないわけではありません。

歯が並ぶスペースに余裕がある方は、親知らずまですべての歯が真っ直ぐに生えそろいます。

通常であれば、こういった場合は抜歯をせず様子をみます。ただし、よほど口が大きい人でない限り最後方の親知らず部分は歯ブラシだけでは磨きにくいことが多く、フロスやタフトブラシといった補助清掃器具が必須になります。

あるいは、抜かなければいけないことはわかっているのだけど、全身疾患的な問題や抜歯することへの精神的な問題などが障壁となり、どうしても抜歯ができない方もいらっしゃいます。

とにかく、親知らずによる弊害を理解していただいた上で、その被害を最小限にとどめることが重要です。

当院としては、患者さんとコミニュケーションをとるなかで、最善の管理法を見出せればと思いますので、わからないことがあったら、何でも聞いてください。

親知らずの抜歯は「小さな手術」です。
CTレントゲン等で形態を把握し、術前の説明をした後に施術を開始します。
​難しいケースは当院で無理をせず、口腔外科専門医へ紹介いたします。

人間の頭蓋部には無数の血管や神経、重要な器官が存在します。

下顎の親知らずの抜歯において一番問題になるのは、下歯槽管、舌神経といった神経血管系の損傷です。ごく稀に出血や麻痺という偶発症状を起こしかねません。その他にも、術中に大きく開口してもらう中で顎の関節に痛みが出てしまったり、術後に大きなコブができるほどの腫れが起こってしまうこともあります。

当院ではCTなどのレントゲンを撮影し、歯根の形態や周囲器官との位置関係をできるだけ詳しく診察してから抜歯に備えるようにしております。

一言に親知らずの抜歯と言っても、簡単なものから難しい症例までたくさんあります。

例えば、根が単純で真っ直ぐに生えている場合は麻酔をして少しひねる動作を加えるだけで、数分で抜歯まで終わりますが、写真にあるような根の形状が複雑なものや完全に骨内に埋まっているものは、様々な方向から親知らずを分割したり、場合によっては周囲の骨を削ったりしなければ摘出できません。

当院では、特に下顎の親知らずで、横向きに生えているものに関しては、できるだけCTレントゲンを撮影し、根の形状や神経血管系との距離を三次元的に把握し、起こりうる事態について事前にしっかり説明してから抜歯するようにしております。

また、あまりに難しいケースに関しては、当院で無理をせず、口腔外科専門医に紹介いたします。

当院には以前まで、従来型の二次元的なレントゲンしかなく、浅はかな診断のもと抜歯を開始してしまい、結果的に1時間以上苦戦して、患者さんに辛い思いをさせてしまったという経験が、私にはあります。事前に状態を把握した上で、慎重に事を運ぶことは何よりも重要なことであると痛感しました。

どんな状況にせよ、口腔内を診査し、歯の清掃やブラッシング指導は抜歯前に必ず行います。ちなみに、必要以上にたくさんの検査をして多額の費用を請求することはございませんので、ご安心ください。

まず、親知らずの抜歯を希望される方は、一度当院に電話にてご相談いただきますようお願いいたします。

ブリッジ、部分入れ歯、インプラント・・・、悩む前に、
親知らずなどの清掃性・機能性に問題のある歯を、
歯を失ってしまった場所に「移植」することで
一石二鳥で問題を解決することができる場合があります。

虫歯などで歯が崩壊し、抜歯を余儀なくされてしまった場合には、失った場所の噛み合わせを何らかの人工物質で補う必要性が生じることが少なからずあります。隣在する歯を削るブリッジ、留め金を引っ掛ける部分入れ歯、高額な手術を伴うインプラント・・・。いずれの治療法も人工物質に頼った補い方になります。

「歯の移植」をご存知でしょうか?

たとえば、植物を植え替えることができるように天然歯も移し替えることが理論上可能です。

植物の植え替えで重要なのが「根」、とりわけ無数に生えた細かなひげ根がいかに移動した場所の土と再び結合するかが重要なポイントのようですが、歯にもこの「ひげ根」に相当するものが存在します。「歯根膜」と呼ばれるもので、歯根と顎の骨とを結合させています。この歯根膜の細胞が生きていれば移植歯として再利用が可能です。

ただし、歯を失った側が重度の歯周病にかかり骨が薄くなっている場合は、植えるための「土」がないために根付きません。あるいは抜歯してから長い月日が経過してしまうと、両隣の歯が倒れてきたり、反対側の歯が延びてきたりするため、移植は困難になります。移植に際しては慎重に診査・診断を行い、入念な準備を行う必要があります。

 

ブリッジや部分入れ歯で修復しようとすると、両隣りの歯を削ったり負担をかけたりしなければなりませんが、移植の場合うまく根付けば単独の歯として自立できるため両隣りの歯に危害を加えません。また、10代ほどの若年者であれば親知らずはまだ未完成の状態であるため、移植後に神経がつながり、全く新品の歯として機能することが可能です。

さらに、親知らずを利用した移植は保険適用のため、保険外のインプラントの何十分の1という低い負担金で治療できる点も大きなメリットと言えます。

写真の症例は30代男性の方です。

左下7番を抜歯してしばらく経過していまたため、本来の歯を抜いてできた穴(抜歯窩・ばっしか)は骨で埋まってしまっており、一から骨を削って移植するための穴を掘らなければなりませんでしたが、機能的に不要であった左上の親知らずを移植歯(ドナー歯)として利用できたのは好都合でした。2ヶ月ほど手前の歯に接着剤で固定するのですが、その後、咬合力をコントロールしながら、移植後6ヶ月くらいには全く問題なくかめるようにまで根付いていました。

この方の場合、年齢的なことや、移植に利用した親知らずがもともと虫歯になっていたこともあり、神経を除去して冠をかぶせていますが、条件次第では歯の神経を温存できたりする場合もあります。

有意義な治療法ですが、固定期間の歯間ブラシによる清掃など、患者さんにも頑張ってもらわなければうまくいかないという側面もあります。

まずは口腔内を拝見し、移植の可否について検討いたしますので、ご不明な点がございましたら、診察の中でご相談ください。

※ 治療の結果には個人差があります。治療の手法やメリット・デメリットを知っていただくために掲載した一例です。